辻村明須香@ゴルフファン > 辻村明須香 女子プロゴルファー > 辻村明須香インタビュー 「わたしの道」

辻村明須香@ゴルフファン

辻村明須香インタビュー 「わたしの道」

head.jpg

ゴルフダイジェスト・オンラインのゴルフマガジン

PRゴルフは女子プロでうまくなる


photo2.jpg

以下コピペ

07年開幕戦のダイキンオーキッドレディスで鮮烈な優勝争いを繰り広げ、一躍注目を集めた辻村明須香。しかし、主催者推薦という限られた出場試合数の中で結果を残すことは難しく、その後は予選落ちを繰り返した。その悔しさをぶつけたのが07年のファイナルQT。4日間を通算7オーバーで回って11位に入り、08年は4年ぶりにフルシーズンの出場権を獲得した。

ファイナルQTでは、「初日と最終日の前は、全然ご飯が食べられなかった」ほど緊張したそうだが、パープレーで回ろうと決めた最終日に、その言葉通りのプレーが出来た。今年のツアー参戦に大きな手応えを掴んだかに思えたが、「QTは一週間、トーナメントは毎週。全く別物です」と、浮かれた様子はない。

「シードを獲って優勝もしたい」という今年、一番の不安はフル参戦する為の体力だ。このオフは、1日2時間の筋力トレーニングを欠かしていないが、それでも「すぐに腰が痛くなる」という体の弱さは、完全には克服出来ていない。大好きなお酒も最近は控え気味だという辻村は、「今年もあまり飲みませんよ!」と、気を引き締める。


photo1.jpg

「一年間、どんなに疲れていても、自分がやると決めた事は必ずやる」。海外に挑戦する宮里や上田と同じ憧れは持っているが、それにはまず国内で結果を残してから。内に秘めた野望は、時が来るまでは見えない原動力として辻村を突き動かす。

シーズン序盤は因縁のダイキンオーキッド、そしてホステスプロとなるPRGRカップと重要な試合が続く。「“この試合”ってピークを決めるのは怖いです。体調や調子も色々だから、波を作らないようにやっていきたい」と言うが、『QTは狙って出来たんだから、開幕戦も狙ってみれば?』と挑発すると、「そうですね。じゃあ狙っちゃおうかな」・・・。やはり熱い思いが顔を覗かせた。

170cmという長身とモデルのような顔立ちで、観るものを惹きつける一方、話せば意外と人懐こい。そんなギャップも辻村の魅力だ。彼女の歩む「道」がこの先どこに繋がっていくのか?それは、本人すら思いも寄らない場所なのかも知れない。

<<人気急上昇中の辻村明須香が「ライフカードレディス」に参戦! | 辻村明須香@ゴルフファントップへ | 辻村明須香ウッドのコントロールショット>>


RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。